プノンペン国際空港から市内中心部への行き方。


2016年12月「ドーソン」から帰って、
2016年最終の5日間を何とか乗り切り、
2016/2017年の年末年始を、ここ「プノンペン」で過ごすことにしました。





現地時間PM16:30にはプノンペン国際空港でアライバルビザ取得などして、無事入国。
空港出ると、空港っうよりも大型スーパーの駐車場という感じで混沌としております。
「吉野家」があったり、大通りを挟んでは中華系の安ホテルがあったりなんかします。
プノンペン国際空港から市内までは「公共バス1択」。
「地球の歩き方」とかに目を通すと、
「市内への公共の交通機関はない。」(2016~2017版P216)とかなってますが、
一応「セントラルマーケット」経由して「ナイトマーケット」まで、
市内中心部を貫いて走る公共バスというものが存在してます。
取り敢えず目の前に大通りがあり、ほぼ正面に市内行きの路線バスの停留所があります。
カンボジアは右側通行なので、空港前の大通りを横切ることなく正面のバス停でバスを待ちます。
路線図が大きく掲げられており、目指す「セントラルマーケット」へ行く模様。
エンジニア風オッさんリーマンが居たので、一応このバスでOKか問うとOKとのこと。
USDで乗れるのかと問うと、1ドルを4500リエルに両替してくれました。
「俺もセントラルマーケットで降りるから」と言うことで、降り場所も指示してくれました。
料金は1,500リエル(約50円)。
プノンペン市内ではUSドルが広く流通。
街中のお店でもUSドルで支払いでお釣りはカンボリエルで帰ってきます。
特にカンボ通貨に両替する気は無かったので、助かります。
このバス、激安で市内まで運んでくれますが、アナウンスとか電光表示などは全くないので、
どこら辺を走っているのか全く分かりません。
位置情報を頼る程ではないと思って、ネットとは繋がってませんので…。

画像

(空港前?!)

画像

(市内へ向かうバス停)





12月31日大晦日のPM17:00過ぎというのに、
小中学生らしきガキンチョが多数乗り込んでます。
みんな純朴そうで、このオンボロ公共バスでもはしゃいでます。
これから「人口ボーナス期」を迎えるカンボジア。
この国の未来は君達にかかっている!





この公共バスに乗って45分程で「セントラルマーケット」へ着きました。
「セントラルマーケット」停車場という案内はないので、
初めての訪問ならちょっと戸惑うかもしれません。
夜短はエンジニアリーマン風のオッサンに「ここだ」と教えてもらったので、
スムーズに降車できました。
まあ、終点「ナイトマーケット」まで行っても全く問題ないです。
(実際、帰りは「ナイトマーケット」から乗車しましたから)
PM18:00前、夕闇迫る「セントラルマーケット」近辺にほったらかしという感じですが、
プノンペンの街は東西を横切る通りに、北から南へ順番に数字が付いているので大変分かりやすい。
公共バスを降りたのが「126番通り」で、
本日から大晦日と新年の2晩泊まる安宿「アンコール・インターナショナル ホテル」が「148番通り」。
PM18:06には「アンコール・インターナショナル ホテル」へ到着。
PM19:15には「夜活」開始することとなりました。

画像

(セントラルマーケット着)

画像

(安宿到着)

画像

(いい雰囲気です)


勝間式 超ロジカル家事
アチーブメント出版
勝間和代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勝間式 超ロジカル家事 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

khmer
2017年07月06日 11:19
ラオスかな?
カンボジアはリエルだったかと...
それにしても1$を4,500とは超高レート!
金額以上に気持ちがうれしいですねー
夜短
2017年07月07日 06:30
khmerさん、ご指摘の通り。
カンボリエルです。
訂正しておきます。
1月のプノンペン、トンレサップ川からの風が気持ち良かったヨ~。

この記事へのトラックバック